コーチング

「仮定法の重要性」をTOEIC915点の私が噛み砕いて徹底解説

 

こんにちは。スズランです。

この記事では、TOEICの英文中で頻出する「仮定法」の重要性をかなり噛み砕いて徹底解説していきます。

仮定法の「would」と「could」が長文中で「どのような役割」をするか、例文を参考として見ていきますね。

私のTOEICコーチングでは、Part7長文から抜粋した1センテンスに対して、仮定法の使われ方に注目します。

まず「仮定法の重要性」を解説しているコーチング動画を見てから、この記事内容を見ると分かりやすいかなと。

私のTOEICスコア

私のTOEICスコア

 

TOEICの英文中では「仮定法」が鍵となる

 

TOEICコーチングでの徹底解説

 

私のTOEICコーチングでは、受講生の方と一緒に「実践的なトレーニング」を英文スライドを見ながら効果的に行います。

Part7の英文を1センテンスごとに分けており、1つひとつの英文に対して、SVOCの振分けと チャンクリーディング を行う流れ。

上記の文構造にフォーカスしたトレーニングを実践していると、仮定法の「would」と「could」が使われている英文に出会います。

助動詞の過去形「would」と「could」が使われていたら、90パーセント程度の確率で「仮定法」だと判断できますよ。

仮定法が使われている英文は、重要な事実を丁寧に表していることが多く、Part7の中で「答えの根拠」になることが多いです。

 

仮定法を使うと「丁寧で穏やか」な表現ができる

 

 

あなたが TOEIC Part7 の英文を読解している上で、「仮定法」の英文に出会ったら、注意集中力を高めて読んでみて下さい。

仮定法の「would」と「could」が使われている英文は、「重要な内容」を丁寧に表現しているパターンが明らかに多いです。

日本語で置き換えて考えると理解しやすいのですが、相手との関係性がフラットな場合でも重要なことは「丁寧」に表しますよね。

例えば「明日12時に迎えに来て下さい。よろしくお願いします。」のように、親しい友だちにも丁寧にお願いすることがあるかなと。

相手に伝える内容が重要であればあるほど、「穏やかで丁寧な言い方」を用いて、気持ちを込めて伝わりやすく表現すると思います。

 

仮定法の本質を理解するために例文を見る

 

 

 TOEIC Part7 の長文中で「仮定法」が使われているときの役割と意味を、実際の英文を参考として深掘っていきます。

仮定法が使われる英語の例文

  • I would like to extend the meeting time for my reservation.
  • 私が予約している会議時間を延長したいと考えています。

 

上記の英文中では、仮定法の「would」が使われています。「would」を使って「重要なこと」を丁寧に表現しています。

語尾の日本語訳が「〜と考えています」と言われており、日本語訳と照らし合わせても「丁寧」な表現だとわかりますよね。

日本語に焦点を当てると、「思っています」「考えています」を語尾に付ければ、それだけで丁寧な表現になると思います。

助動詞「will」の過去形である「would」を使うことで、自身が重要だと思っていることを「丁寧かつ穏やか」に表せるのです。

「重要なことは丁寧に表現する」「丁寧に言っている箇所は重要だとわかる」と理解していれば、英文に深くアプローチできるかなと。

実際にTOEICのPart3,4,7中で、仮定法の英文が「答えの根拠」になりやすいので、「would」と「could」には必ず意識を向けて下さい。

 

今1ヶ月無料でTOEICコーチングを実施中

 

 

現在スコア330から915点まで高めた私自身が、1ヶ月無料でマンツーマンのTOEICコーチングを実施しています。

私のTOEICコーチングでは、あなたの英語レベルと理解度に合わせながら、スコアを高める効果的なトレーニングを行います。

効果的なトレーニングを実践する中で、今回紹介した「仮定法の本質」にも触れるため、深い知識の定着にも繋がりますよ。

あなたが「正しい道を歩いてTOEICスコアと英語力を両方高めたい」と思うなら、私のコーチングを受ける価値があります。

» 1ヶ月無料 TOEICコーチング詳細を見る