コーチング

TOEICコーチングを7ヶ月行って気付いたこと|915点の私が振返り

 

こんにちは。スズランです!

この記事では、TOEICコーチングを7ヶ月やってみて気が付いたことを共有していきます。

私はこれまでのTOEIC学習(5,000時間)で回り道した経験を生かして、今年の5月からTOEICのコーチングを始めました。

これまで1ヶ月無料のコーチングを35人以上受けてくれ、そのうち何名かが正式にもコーチングを受講してくれましたよ。

TOEICの知識や英語力が高くなった自分ですが、マーケティングの知識は色々な本を読んで積み上げたので、日々試行錯誤中です。

私のTOEICスコア

私のTOEICスコア

 

7ヶ月継続中|TOEICコーチングでの気付き

 

 

TOEICコーチングを7ヶ月継続してきて気が付いたことは以下のとおり。

コーチングでの気付き

  1. 正しいチャンクリーディングの効果が凄まじい
  2. 英語力とスコアに合わせたコーチングが必要
  3. コーチングを受けてもらうまでがかなりハード

 

1 正しいチャンクリーディングの効果が凄まじい

 

 

TOEICコーチングの中では、公式問題集Part7の英文を素材として、SVOCの振り分け、チャンクリーディング、サイトトランスレーションに取り組みます。

中でも完全な文と修飾箇所ごとに区切っていく「チャンクリーディング」を正しく実践すれば、1ヶ月だけでも本当の英語力が一気に高まります。

私自身がTOEIC600~700点台のときにチャンクリーディングに最も力を入れて、800点を超えられたため再現性はかなり高いと思っていました。

それでも自分だけに合っていただけの可能性があったので、実際にTOEICコーチングで受講生の方に実戦してもらわなければ、どれくらい効果的なのかはわからなかったです。

 

実際にTOEIC Part7の英文でチャンクリーディングに取り組んでもらった結果、コーチングの中だけでも英文の読みやすさが明らかに変わっていましたよ。

受講生の方は「みんなにチャンクリーディングをやってほしい」「英文を速く読めるようになるだけでなく理解度が変わる」など、その瞬間だけでも効果を強く感じています。

理解度が高い方は 1~2週間で「英文を正しくスムーズに読む力」が高まります。さらにはチャンクリーディングを正しく進めることでリスニング力も上がります。

 

マンツーマンのTOEICコーチングを毎週進めていくことに加えて、SVOCの振り分けとチャンクリーディングの添削を毎日行っています。

週に1回70分のコーチングだけでも受講生の方の英語力を高まるのですが、より効率的に高めるためには正しい方法で量もこなす必要があると考えました。

コーチングでチャンクリーディングに取り組む際は、受講生の方にチャンクリーディングの正しい方法と順序、継続して得られる効果を徹底解説しています。

 

おそらくその解説がスムーズに伝わっている結果として、公式問題集Par3,4,7の英文を精読して、その精読をLINEで提出してくれる方が結構多いですよ。

「マンツーマンコーチング+精読添削」による短期間での英語力成長がみなさん凄まじいです。私自身がその成長を目の当たりにできることが嬉しい限りです。

 

2 英語力とスコアに合わせたコーチングが必要

 

 

TOEICコーチングでは、あなたの英語レベルと現在のTOEICスコアに合わせて、以下の効果的なトレーニングを行っています。

効果的なトレーニング

  1. SVOCの振り分け
  2. チャンクリーディング
  3. サイトトランスレーション
  4. オーバーラッピング
  5. プロソディー音読
  6. リピーティング
  7. コンテンツ音読

 

TOEIC公式問題集 Part7の長文をコーチング前に1センテンスごとに分けており、英文スライドを使ってこれらの効果的なトレーニングに臨みます。

現在TOEIC400~700点の方には、SVOCの振り分けとチャンクリーディング、サイトトランスレーション中心にコーチングを進めます。

TOEIC700点以上の方は文法や文構造の理解が高いので、オーバーラッピングとプロソディー音読、リピーティング、コンテンツ音読に注力しますよ。

 

TOEICコーチングを始めた当初は、800点以上の方にもSVOCの振り分けとチャンクリーディング、サイトトランスレーションにフォーカスして、コーチングを進めていました。

TOEIC800点以上の方にはそれでは物足りなく、私のコーチング内容と合わないということにもなりました。

初級から中級レベルの方にだけ私の伝える効果的なトレーニングが合っている、と自分自身が思い込んでいたのです。

 

中上級や上級レベルの方にも対応しようと考えた結果、文構造をサクッと確認してから音読に特化したトレーニングを取り入れました。

その結果、現在TOEIC850点を超えている方からも強く感謝されるレベルで、効果的な音読を一緒に実戦できています。

 

3 コーチングを受けてもらうまでがかなりハード

 

 

私は普段ブログとtwitterで、TOEICとコーチングに関する情報発信をしています。

実際にTOEICコーチングを受けてもらえば、受講生の方から凄まじく感謝され「もっと早くこの勉強法を知りたかった」と言ってくれます。

ですが実際に受けてもらうまでがかなりハードで、最近感じているのはテキストだけだと効果的な勉強法やコーチングの雰囲気が伝わりきらないかなと。

 

現在TOEICコーチングのカテゴリーをブログ内に作ったので、コーチングに関する記事を増やしていくのと、何かシンプルな動画を作れたらいいなと思います。

今までは英語力とスコアが上がる効果的な勉強法だけ伝わればいいと思っていましたが、よく考えるといくら有益でも、その人に対する信頼性がないといけないなと。

私はブログの情報収集するときには、YoutubeやVoicyでインフルエンサーの声を聞いて、雰囲気いいなと思ってからその人のブログを読みに行くのが多いです。

テキストだけだと人間性や雰囲気が大きくは伝わらないため、シンプルでもいいから動画や音声で「自分自身の雰囲気」を伝えるのがいいと感じています。

 

1ヶ月無料でTOEICコーチングを実施中

 

 

TOEIC915点に達するまで5,000時間以上勉強した私が、現在1ヶ月無料でTOEICのコーチングを実施しています。

正直なところ1ヶ月は結構長いかもって思っているのですが、7日間無料や初回体験無料だと、なかなか厳しいと感じています。

1ヶ月無料で合計4回のコーチングと毎日の英文添削、質問対応をすることで、TOEICコーチングの魅力が伝わっているかなと。

いつまで1ヶ月無料で継続するかは未定ですが、とりあえず現在は今のスタイルで、受講生のスコア向上に貢献しようと思います。

「TOEICを土台として本当の英語力を高めたい」「モチベーションを保って学習を行いたい」方は、ぜひ一度受講してみて下さい。

» 1ヶ月無料 TOEICコーチング詳細を見る