コーチング

Part7の重要英文に対する「意識の向け方」をTOEIC915点の私が徹底解説

 

こんにちは。スズランです。

TOEICコーチングでは Part7を読み進める中で「頻出する重要英文」に意識を向けましょう。とセッション内と精読添削でお伝えしています。

Part7の長文を読み進めていく中で、あなた自身が「重要英文」に注意集中を向けられれば、長文全体の意味内容に対する理解度が高まります。

さらには TOEICに頻出する重要英文は、長文中で答えの根拠になることが多いです。根拠を理解して設問選択肢と照合すれば正答率も上がりますよ。

私のTOEICスコア

私のTOEICスコア

 

TOEIC Part7読解中に重要英文に注意集中を向ける

 

TOEICコーチング|Part7の読解方法

 

TOEICで頻出する重要英文は答えの根拠になりやすい

 

 

上記のTwitter動画では、TOEICに頻出する「So that SV, SV」の英文にフォーカスして、文構造の重要性と意識の向け方を徹底解説しています。

私が公式問題集5冊以上とYBMの超実戦模試10セットを分析している限り、「So that SV, SV」と「SV so that SV」の英文が答えの根拠になりやすいです。

実際にあなたがTOEIC本番でPart7の英文を読み進めていく中で、「So that SV, SV」と「SV so that SV」に出会ったら意識を強めてください。

私が普段公式問題集の英文を読んでいる上では、長文に対して集中して読解していくのですが、上記のような重要英文にはさらに集中度を高めて読みます。

 

日々のTOEIC学習の中で重要英文にフォーカスする

 

 

TOEICに頻出する重要英文に意識を向けるためには、日々の精読や音読を行う中で意識的に「重要な文構造」に目を向ける必要があります。

そもそもどれが重要英文になるかわからなければ意識のかけ方がわかりませんよね。Part7で答えの根拠になりやすい文構造は決まっています。

TOEICはコミュニケーション能力にフォーカスしている試験なので、コミュニケーションをスムーズにできる文構造と文構成が根拠になりやすいです。

 

具体的には「SVO to do」や「SV to do」「V that SV」「VO that SV」「接続副詞,SV」の文構造が答えの根拠になる可能性が高いですよ。

文構成的には、「結果 ⇛ 理由」や「結果 ⇛ 目的」「結果 ⇛ 原因」を表している英文が、Part7の英文中で「重要内容」を強調する場合が多いです。

この記事で紹介した「So that SV, SV」「SV so that SV」は、「結果 ⇛ 目的」を表す重要英文になっているため、根拠になりやすいのです。

Part7の長文中で「結果 ⇛ 目的」を強調して表現されている箇所は、因果関係をはっきりさせて相手に理解してもらいやすく表していると判断できます。

 

私が行っている1ヶ月無料のTOEICコーチングでは、Part7の英文を読み進める中で「どの英文に強くアプローチするか」を徹底的に解説しています。

全体的には90パーセントくらいで英文読解していき、文構造と文構成的に重要英文だとわかる箇所には100パーセントの意識を向けましょうと伝えます。

Part7の正答率を高めてTOEICスコアを圧倒的に上げていくためには、「英文を読むときの集中度」と「意識の向け方」が極めて重要だと思っています。

私は公式問題集とスタディサプリENGLISH、YBM模試の英文を、精読してから徹底分析しているため、答えの根拠になる重要英文をほぼ把握しています。

TOEICスコアと英語力を圧倒的に高めたい、答えの根拠になりやすい重要英文を日々の学習であらかじめ理解しておきたい方はコーチングが合っているかなと。

» 1ヶ月無料 TOEICコーチング詳細を見る

 

現在1ヶ月無料でTOEICコーチングを実施しています

 

 

現在スコア915点に達するまで5,000時間以上絶え間ない学習を継続した私自身が、1ヶ月完全無料でTOEICコーチングを行っています。

TOEICコーチングでは、週1回70分のマンツーマンセッションと精読添削の中で「意識を向けるべき重要英文」を徹底紹介しています。

マンツーマンセッションでTOEIC Part7の英文を利用して、英語力とスコアを高める効果的なトレーニングをあなたと一緒に行います。

文構造にフォーカスした効果的な勉強法を実戦していくので、トレーニングの過程で必ずTOEIC頻出の文構造に出会う流れとなります。

問題を解くための解法テクニックもお伝えしますが、最優先としては本質的な英語力とTOEICスコア向上に繋がる知識を共有しますよ。

» 1ヶ月無料 TOEICコーチング詳細を見る