スクール

プログリットの無料カウンセリングをTOEIC915点の私が受けてみた

 

この記事では、プログリットの無料カウンセリングを受けた「感想&内容」を伝えていきます。

現在プログリットに興味がある方は

  • TOEIC対策コースの内容が気になる
  • ビジネス英会話コースの内容が気になる
  • 無料カウンセリングの具体的な流れを知りたい

などの疑問をお持ちかなと。

TOEICスコアを330から915点まで高めた私が、実際にカウンセリングを受けてみたので、上記の疑問が解決できます。

今回は「ビジネス英会話コースを希望される方向け」のカウンセリングを体験しました。

カウンセラーの知識と分析力が非常に優れていたので、私自身が勉強になる有益な時間となりましたよ。

最初にプログリットの概要を紹介するので、すぐにカウンセリングの内容を知りたい方は、目次から気になる箇所に飛んでください。

私のTOEICスコア

私のTOEICスコア

 

プログリットの概要

 

プログリット

 

プログリットは、短期集中で本質的な英語力を高めるための英語コーチングスクールです。

外資系企業マッキンゼー出身の岡田祥吾氏が、日本1の英語サービスを作るために設立しました。

プログラムの中にビジネス英会話コースとTOEIC対策コースが設けられており、現在の英語力やスコアに応じた個別の学習プランが作られます。

専属コンサルタントが課題点を分析して、課題点に対する適切な勉強法を教えてくれるので、あなたの英語学習が効果的・効率的に進みます。

カウンセリングと週1回の面談、日々のチャットサポートで、あなたの「課題点」が明確になり、最も効果的な解決策を提示されるのが最大の魅力かなと。

 

プログリットの無料カウンセリング|英語力を測るテスト

 

 

プログリットのカウンセリングでは、最初に英語力を測るテストを受けます。

テスト結果から現状の英語力を把握した上で、あなたに最適化したカリキュラムが組まれます。

カウンセラーの方が笑顔で丁寧に進めてくれたので、雰囲気がよくリラックスして臨めました。

私が実際に受けたテストは、以下のとおり。

  1. リスニングテスト
  2. ディクテーションテスト
  3. 単語テスト
  4. 英作文テスト
  5. スピーチテスト

自身の英語力を測るために最適なテストを実施するため、人それぞれ内容が異なるみたいです。私の場合は上記5つのテストでした。

 

1 リスニングテスト

 

プログリット-リスニングテスト

 

リスニングテストでは、英語音声を1分間聞いてみて、終わったらどういう内容だったかを日本語で説明します。

私はスムーズに聞き取れた!と思ったのですが、内容のイメージが沸かなくて、全然答えられませんでした。

 

2 ディクテーションテスト

 

プログリット-ディクテーション

 

ディクテーションテストでは、別の角度からリスニング力を見られます。センテンスごとに英語音声を聞いて、聞こえた単語を空欄中に穴埋めしていくテストです。

ディクテーションによって、発話における課題点や弱点を発見できるので、課題解決のアプローチに適しているかと。

私は、名詞や動詞を聞き取るのが得意でしたが、前置詞や代名詞を聞き取るのが苦手だとわかりました。

カウンセラーの方が、私の傾向と課題点、弱点を明確にわかりやすく解説してくれたので、自分自身のリスニング力を正しく理解できましたよ。

 

3 単語テスト

 

プログリット-単語テスト

 

単語テストでは、18個の英単語を日本語に訳していきます。瞬発的に意味がわかるどうか?を試すテストです。

8~9割くらい正解できたと思いますが、TOEIC800点レベルの単語もあったので、瞬時に意味が出てこない時がありました。

 

4 英作文テスト

 

プログリット-英作文テスト

 

英作文テストでは、カウンセラーが読み上げる日本語の文章を、瞬時に英作文して返していく形となります。

ある程度、正しい英文を作れている感覚がありましたが、自分のスピーキング力の低さを実感しました…

文法と単語の使い方を見れば、発話における課題点が発見しやすくなるので、課題点を見つける上で重要なプロセスかと。

 

5 スピーチテスト

 

プログリット-スピーチテスト

 

最後に英語スピーチテストを行います。1分間で「その場で提案されたテーマ」について、英語で説明するテストです。

「どのように文章を作るか?」「どれくらい文章を作れるか?」を見ることによって、課題点の発見・解決に繋げていく感じかと。

日々音読とシャドーイングに取り組んでいる私ですが、スムーズに英文を作れなかったので、英作文の能力が極めて低かったです。

 

プログリットの無料カウンセリング|カリキュラム説明

 

プログリットのカリキュラム

 

プログリットのカウンセリングでは、テスト結果を参考にして個人に合わせたカリキュラム作成を行います。

テスト結果を参考として「英語のフレームワーク」を使いながら、現状の課題点と課題点に対する解決法を提示してくれますよ。

音声知覚と意味理解の概念やプロセスに関しても、第二言語習得理論の観点から、わかりやすく説明してくれたので、説得力が非常に高かったです。

 

1 音声知覚力が現状の課題点

 

プログリット-音声知覚

 

カウンセラーの分析では、私の課題点は「音声知覚」にありました。

脳のキャパシティをどのように使っているかを、画像を使ってわかりやすく解説してくれますよ。

脳のキャパシティが100%ある中で、私は音声知覚に使いすぎていると指摘されました。

音声知覚のキャパシティを減らして、意味理解に脳のリソースをさくべきだと。

課題点が「なぜ課題点なのか?」を根本から解説してくれるので、非常に妥当性と納得感が強かったです。

 

2 シャドーイングで音声知覚力を鍛える

 

プログリット-意味理解の説明

「音声知覚力」を鍛えるためには、シャドーイングが必要だと説明を受けました。

現状の課題点を効果的に解決するために、シャドーイングをカリキュラムに入れていくのが最も理にかなっているみたいです。

テスト結果から課題点を発見した上で、課題点に対する効果的な解決法をカリキュラムに入れてくれるので、個人にカスタマイズされた学習プランが作れるのかと。

独学での英語学習は、間違えた勉強法で進めてしまう場合が往々にしてあります。

最短で本質的な英語力とTOEICスコアを上げたい方は、プログリットの課題解決アプローチが適していると思います。

 

3 多読で意味理解力を鍛える

 

シャドーイングで音声知覚を自動化してから、意味理解力を別に鍛えていきます。

意味理解力を鍛えるためには、英文をたくさん読んでいく「多読」が必要だと教えてもらいました。

リスニング時の意味理解力を鍛えるのに、多読が必要だと知れたのは、新しい発見でもあり新しい課題でした。

「なぜ多読が必要なのか」に関して、第二言語習得理論をもとに、論理的にわかりやすく解説してくれるので、説得力が非常に高かったです。

本質的な英語力とTOEICスコアを比例して高めていくためには、正しい方法と順序で学習していく必要があります。

プログリットのカリキュラムは、テストから「課題点」を発見して、現在位置を把握した上で、個人に最適化していくため、効果的・効率的に学習を進められます。

 

プログリットの無料カウンセリング|サポート説明

 

プログリットのサポート3つ

 

カリキュラム説明が終わってから、プログリットのサポート内容を解説してくれました。

プログリットが開発した学習サポートシステムによって、受講生がモチベーションを保ちながら継続的な学習を行えます。

課題点に対する効果的な勉強法を理解していても、継続的に毎日勉強しなければ、自身が望む結果が得られません。

コンサルタントの徹底サポートと、高機能のアプリのおかげで、効果的な勉強を継続できるのです。

プログリットのサポート

  1. 英語学習を習慣化させるスケジュール管理
  2. 効果的な学習をサポートする週に1度の週間面談
  3. 毎日の学習を支援するオンラインコンサルティング

 

1 英語学習を習慣化させるスケジュール管理

 

プログリット-スケジュール管理

 

プログリットでは、学習スケジュールの徹底管理が行われます。

空いた時間で学習しようと思っても、後回しにして出来ない場合があるため、「何時に」「どこで」「何をするか」を週の始まりに決めます。

学習時間の意識を持った上で、コンサルタントが行動促進をしてくれるのです。

モチベーションに左右されずに学習できる仕組みづくりが、プログリットの強みの1つかなと思いました。

受講生側としては、プログリット専用のアプリで「実際に何をしたか」「何時間学習したか」を記録できるので、進捗管理の負担が少ないかなと。

 

プログリットのスケジュール管理

 

2 効果的な学習をサポートする週に1度の週間面談

 

プログリットの面談内容

 

プログリットでは、最初にテストとカリキュラム作成を行って方向性を決めてから、正しい学習法と順序で進めていきます。

週に1度の週間面談は、以下内容が実施されます。

  1. トレーニング方法のレクチャー
  2. 暗記をサポートする確認テストの実施
  3. モチベーションの維持・向上
  4. 1週間の振り返り・改善点の洗い出し
  5. 生活スタイルも含めたタイムマネジメント

 

1回60分で、正しい勉強法を実施できているかを確認するみたいです。

理解しているつもりでも、正しい勉強法から外れている可能性があるので、方法と順序の定期的な確認が大切だと感じました。

 

さらに週間面談では、1週間の定着度を確認するために、テストを行っていきます。

プログリットは塾や学校と違って、コンサルティングを実施しているので、受講生の点数を見ているわけではなくて、

  • どこに課題があるのか?
  • どうすれば課題解決できるのか?

に焦点を当てて、毎週の面談を行っています。

 

徹底分析によって受講生の課題点を発見して、課題点に対する効果的な解決法を実践していくのが、プログリットのコンサルティングです。

週に1回、「課題点に対する効果的な解決法」を最適化していくことで、常に正しい勉強法で進めていけるように工夫されているのかと。

 

3 毎日の学習を支援するオンラインコンサルティング

 

プログリットのオンラインコンサル

 

プログリットでは週に1回面談がありますが、何か疑問や不安があれば、LINEでコンサルタントに相談ができます。

学習相談には随時対応して不安を解消してくれるので、安心して英語学習に取り組めますよ。

シャドーイングに関しては、毎日の音声添削によって、リスニング力の向上を支援してくれます。

専属コンサルタントがあなたの発話を毎日聞いてくれて、良かった点と改善点を明確に教えてくれますよ。

アプリ1つでシャドーイング練習と録音ができるので、割とサクッと実践できると思います。録音してから、コンサルタントに添削してもらう形です。

毎日シャドーイングの添削をしてもらって、改善点を1つひとつクリアしていけるのが、プログリットのサポートの強みだと感じました。

 

プログリットの無料カウンセリング|質疑応答

 

 

カウンセリングの最後に、質疑応答の時間を貰えました。カウンセラーの方が、とても丁寧かつ具体的に答えてくれましたよ。

現在プログリット受講を考えている方にとって、非常に参考になる内容になっているかなと。

 

1 プログリットのコンサルティングにおける最大の強み

 

プログリットはコンサルティングの会社なので、コンサル力かなと思います。

プログリットの場合は、テストをした上でその場でカリキュラムを組んでいくんですよ。

なぜその場で出来るかと言うと、そもそも分析力があるとか、コンサルティング力があるからこそ、出来ることだと思うんですよね。

一方で、教えることが得意な会社さんであれば、ティーチングとかレッスンみたいな形でされているところが多いので、

カウンセリングをどんな時間で使っているか、ってところが1番強みとして、見えてくる部分があると思います。

 

2 3か月でTOEICスコアを上げるために最も大切なこと

 

TOEICスコアを獲得だけをゴールとされているというよりかは、その先の駐在とかを目指している方が多いです。

本質的な英語力の伸びを誰しもが求められているので、学習時間をしっかり確保したり、生産性を高くやる必要があります。

あとは自己流を入れてしまうと、英語力が伸びなくなるため、正しい方法で取り組むことが大切です。

 

3 コンサルタントは普段どのような研修を受けているのか?

 

研修に関しては、全社での研修以外にも、コンサルタント個々人が能動的に学んだりとか、

校舎単位で、英語力の伸ばし方をもちろん、コーチングスキルについて相互に共有する時間を設けています。

全体の業務時間の2.3割は、研修や自己研鑽の時間として保持しております。

 

4 プログリットはなぜ3か月のプログラムを推奨しているのか?長期間ではダメな理由

 

長期間がダメだとお伝えしているわけではないのですが、3ヶ月か6ヶ月を選ばれる方が1番多いんですね。

これは現在地がどこなのか、初級者レベルの方であれば、時間が長くなってくるので、長期間を選ばれている方も多いです。

中級者レベルの方は、3ヶ月か6ヶ月を選ばれる方が多いです。

プログリットでは投下時間を大事にしているので、英語の優先度を上げて、英語に集中するという意味では、3ヶ月をオススメしています。

 

5 もしコンサルタントと相性が合わなかった場合、すぐに変更が出来るのか?

 

これは可能です。人と人とのサービスになってくるので、相性を重要視している部分もあって、カウンセリングの前にお客様に性格診断を受けて頂くんですね。

性格診断の結果が合うコンサルタントを、マッチングしていく形になります。伴走することによって、英語力が上がるコンサルタントを合わせにいっています。

だからこそ、途中でもし合わないなってなったら、変更は可能ということにしています。

 

6 一般イメージとして3ヶ月で約50万円の価格が高いと思いますが、受講価格が高い理由を教えて頂きたいです。

 

私がよく話している内容になってしまうのですが、英語業界をざっくり分けると、英会話スクールと英語の塾、プログリットのコンサルティングの3つに分けれると思うんですよね。

各社サービスが「英語」に共通点がありますけれども、サービス提供しているものが若干違違っていて、英会話スクールは話す機会の場の提供なんですよね。

プログリットがやっていることって「コンサルティング」なので、言いかえれば、経営コンサルティングのような形で、企業にコンサルタントを入れるような形で、費用対価格が全然違ってきます。

そもそも提供しているサービスが全然違ってくるところが、結局金額に繋がってくる部分かなと思います。

 

7 TOEIC対策コースに関して

 

TOEICコースに関してだと、模試の分析をプログリットがやるんですね。

模試もカリキュラムの中に含まれているのですが、模試をやっていただいた上で、Part1から7の中でどこが弱いのかとか、ただ弱いではなくてそれが何が弱いのか、

例えば語彙力が足りないから弱いなのか、文法力が足りないから弱いなのかとか、そこを発見した上でしっかりサポートしていくのがTOEICコースの魅力です。

なので模試をやりっぱでなくて、しっかり分析までやることが大事になってきますね。

 

プログリットの無料カウンセリング|まとめ

 

progrit-home

 

この記事では、プログリットの無料カウンセリングを受けた「感想&内容」を伝えてきました。

テストとカリキュラム説明、サポート説明の一連の流れを解説したので、ある程度の雰囲気が感じられたかなと。

カウンセラーの方は、第二言語習得理論の知識が優れており、私の課題点を明確に示してくれ、課題点に対する解決法を提示してくれました。

自分自身では絶対に気が付けない課題点を知れたので、無料カウンセリングだけでも価値が高いなと思いました。

「英語力分析 ⇛ 課題点発見 ⇛ 課題点解決」によって、本質的な英語力とTOEICスコアどちらも高めたい方は、プログリットの英語学習法が合っていますよ。

累計25,000人以上が受けているカウンセリングは、現在無料で体験できます。オンラインで気軽に受けられるので、1度体験してみてください。