TOEIC

TOEICに出る現在分詞と過去分詞の使い方を915点の私が徹底解説

 

この記事では、TOEICに出る現在分詞と過去分詞の使い方や文構造を徹底解説していきます。

英語の分詞には「現在分詞(動詞+ing)」と「過去分詞(動詞+ed)」の2種類があり、動詞を語形変化させる必要があります。

現在分詞と過去分詞は、文中で形容詞や副詞の役割を果たしますよ。

文構造や修飾を正しく理解していないと、TOEICの英文をスムーズに読めないため、例文を参考としながら使い方を見ていきますね。

私のTOEICスコア

私のTOEICスコア

 

TOEICに出る分詞

 

 

英語の分詞には、現在分詞と過去分詞の2種類があります。

現在分詞は、動詞の語尾に「-ing」を付ければ完成。過去分詞は、動詞の語尾「-ed」を付けると完成です。(不規則変化の場合もあり)

現在分詞は「〜している」「〜する」のような能動的な意味、過去分詞は「〜される」「〜されている」のような受動的な意味を表します。

 

分詞(participle)は、動詞が語形変化して「形容詞的」に用いられるもの。

分詞は、動詞と形容詞の両方の役割を持っていると考えるべきです。

現在分詞と過去分詞を名前からイメージすると、「時制が関係しているのかな?」と思いますが、

両方とも「現在・過去・未来」についての表現が可能なので、名前にとらわれないようにしましょう。

 

TOEICに出る現在分詞

 

 

現在分詞がTOEICでどのように使われているかにフォーカスしながら、解説を進めていきますね。

現在分詞は、名詞を修飾(具体化)する役割や、進行形と「SVC」で補語になる役割を持ちます。

現在進行形は「be動詞+動詞の-ing形(現在分詞)」で作られますよね。

現在分詞の最も大切な役割が「名詞を修飾して詳しく説明すること」なので、この記事では修飾(具体化)に1番注目しますね。

 

1 現在分詞|名詞を前から修飾

 

現在分詞は、名詞を前から修飾(具体化)する「形容詞」の役割を持ちます。

基本的には前から修飾する場合、現在分詞単独(1語)で使われますよ。

一方で現在分詞のかたまりが「2語以上」の場合には、名詞の後ろから修飾しなければなりません。

ちなみに、分詞が前から名詞を修飾する場合は「排他・分類・概念」を表しており、

後ろから修飾する場合には名詞の「一時的状態・状況」を説明していますよ。

 

現在分詞|例文

  • I saw a crying girl.
    私は泣いている女の子を見た。

 

上記英文では、現在分詞「crying」が名詞「girl(女の子)」を前から修飾していますね。

「girl」だけでは情報が少ないので、動詞と形容詞の両方の性質を持つ現在分詞とセットにすることで、名詞を具体的に表現できるのです。

「現在分詞+名詞」の語順で、現在分詞が名詞を修飾している場合には、名詞を具体的に表現して詳しい説明をしている、と考えましょう。

現在分詞「crying」は動詞「cry」が語形変化したもの。「cry」の語尾に「ing」を付ければ「crying」が完成。

さらに現在分詞は「〜する」「〜している」のような能動的な意味となるので、「crying」が「泣いている」という日本語訳。

 

2 現在分詞|名詞を後ろから修飾

 

「現在分詞+名詞」を上述しましたが、現在分詞は名詞を後ろから修飾することも可能。

現在分詞が名詞を後ろから修飾するパターンが最も大切であり、文構造を見極める必要があります。

 

現在分詞|例文

  • I know the girl sitting on the bench.
    私はベンチに座っている女の子を知っています。

 

上記英文では、「sitting on the bench」という現在分詞のかたまりが、名詞「the girl」を後ろから修飾(具体化)していますよ。

「a girl」を具体的に表現したいために、現在分詞を使って表現の幅を広くしているのです。

現在分詞に関わらず、英語は構造(形)を正しく把握することが重要。

「the girl sitting(名詞+現在分詞)」の形を瞬時に捉えることが大切であり、完全な文と修飾箇所で分かれていると認識しましょう。

TOEICの長文中で「名詞+現在分詞」の形を見かけたら、名詞を具体的に表現するために現在分詞が使われていると考えればOK。

 

上記では「I know the girl(SVO)」が「完全な文」。

「sitting on the bench」が「修飾の役割」を果たしている箇所。

文構造を正しく理解することによって、TOEICの英文を読むスピードが速くなったり、リスニング時に英語がスムーズに聞けるようになったりしますよ。

さらには現在分詞を使った英文「I know the girl sitting on the bench.」を理解するときに、関係代名詞を補うと文構造がわかりやすくなりますよ。

 

現在分詞|例文

  • 1  I know the girl sitting on the bench.
    私はベンチに座っている女の子を知っています。

関係代名詞|例文

  • 2  I know the girl(who is)sitting on the bench.
    私はベンチに座っている女の子を知っています。

 

上記例文2のように、英語の「関係代名詞」を使うことで、名詞を修飾(具体化)することが可能です。

「who is」が省略された結果、「sitting」単独になっていると考えれば文構造が理解しやすいですよ。

本質的な英語力とTOEICスコアを高めるためには、文構造と修飾の正しい理解が極めて重要です。

関係代名詞による名詞の修飾を理解すれば英語力がグッと上がるので、知識を深めたい方は以下記事を参考にしてください。

TOEIC頻出「関係代名詞」の使い方を915点の私が徹底解説この記事では、TOEICに頻出する「関係代名詞」について徹底解説していきます。関係代名詞の本質を理解するためには、英文の構造と修飾(具体化)の理解が最も大切です。関係代名詞が使われるときの文構造やルールを正しく理解していれば、TOEICや日常会話に生かすことができます。私自身が英語学習初期の頃、修飾の意味すら正しく理解していなかったので、かなり噛み砕いて文法解説を行いますね。...

 

3 現在分詞|SVCの補語

 

英語の現在分詞は、第2文型「SVC」の「補語(C)」になることが可能。

現在分詞が文中で形容詞の役割を果たします。

 

SVC|例文

  • This book is interesting.
    この本は面白いです。

 

上記は「SVC」の第2文型。「補語(C)の interesting」が「主語(S)の This book」を説明していますよ。

「interest(動詞)」を形容詞的に使うために、「interesting(現在分詞)」に変化させたのです。

動詞の「interest」は「(物・事が)(人に)興味を持たせる・関心を持たせる」という意味。

現在分詞「interesting」は、「興味を持たせるような」→「面白い」というニュアンス。

 

4 現在分詞|現在進行形

 

英語の現在進行形「be動詞+-ing」を作るときにも、現在分詞が使われますよ。

実は「be動詞+-ing」の「-ing」が現在分詞なのです。

 

現在進行形|例文

  • I am studying English.
    私は今英語を勉強している最中です。

 

動詞「study」の語尾に「ing」を付ければ、現在分詞「studying」が完成。

「今まさに〜している最中」という意味を表現します。

現在進行形では、「現在分詞」が形容詞として働いていると考えるよりも、「be動詞+現在分詞」の語順を覚える方が大切かなと。

現在進行形は「今〜している最中」という本質や、文構造を理解することが大切です。

 

TOEICに出る過去分詞

 

 

現在分詞に続き、過去分詞が文中でどのように使われているか見ていきます。

過去分詞は、名詞を修飾(具体化)する役割が最も大切です。

さらには、現在完了と受け身を使う時に、必ず過去分詞が伴いますよ。

現在分詞より過去分詞のほうがボリュームがあるかもしれませんが、英語力を高めるために思考を深めていきましょう。

 

1 過去分詞|名詞を前から修飾

 

過去分詞を使って、名詞を前から修飾(具体化)することが可能です。

実際の例文で文構造と意味を見ていきましょう。

 

過去分詞|例文

  • I bought a used car.
    私は中古車を買いました。

 

上記例文では、過去分詞「used」が名詞「car」を前から修飾しています。

「car(名詞)」を具体的に表現したいために、形容詞の役割を持っている「used(過去分詞)」を使っているのです。

動詞「use」の語尾に「d」を付ければ、過去分詞「used」が完成です。

 

名詞の詳しい説明をしたい場合には、形容詞を使う必要がありますよね。

過去分詞が形容詞の性質を持っているので、名詞と一緒に使うことが可能です。

上記の「a used car.」を直訳すると「使われた車」。「使われた車」→「中古車」という意味。

過去分詞が前から名詞を修飾する場合は「排他や分類」を表すので、日本語訳がピッタリですよ。

 

2 過去分詞|名詞を後ろから修飾

 

「過去分詞+名詞」を上述しましたが、過去分詞を使って名詞を後ろから修飾(具体化)することもできますよ。

TOEICの長文を読む上では「名詞+過去分詞」の形に注目しましょう。

直前の名詞を具体的に表現したいから「過去分詞」を使って修飾しているのです。

 

過去分詞|例文

  • This is the letter written in English.
    これは英語で書かれた(書かれている)手紙です。

 

上記英文では、「the letter」を具体的に表現するために、過去分詞「written in English」が用いられています。

上記では「This is the letter.」の第2文型(SVC)で英文が完成しており、「written in English.」は修飾箇所です。

文構造を正しく理解してTOEICの長文をスムーズに読むためには、完全な文と修飾箇所を見極める必要があるので、常に形にフォーカスしましょう。

 

3 過去分詞|SVCの補語

 

英語の過去分詞は、「SVC」で感情を表す際に使いますよ。

 

SVC|例文

  • I am satisfied with your work.
    私はあなたの仕事に満足しています。

 

上記英文では、動詞「satisfy」が過去分詞「satisfied」に変化していますね。

「satisfy」は「(物・事)が(人)を満足させる」という意味です。

「満足させる」を受け身の形にすることで、「満足させられている」=「満足している」のような意味に変化します。

「Your work satisfies me.(あなたの仕事が私を満足させます)」という元の英文から、

過去分詞を使った受け身の文「I am satisfied with your work.(私はあなたの仕事に満足しています)」に変わっています。

 

「I am satisfied.(私は満足させられている)」と訳すのではなく、「私は満足している」と訳すのが自然な日本語ですよね。

人を主語にして感情を表す動詞を使うときは、上記英文のように受け身で使うのが自然です。

受け身では「be動詞+過去分詞」の語順となるので、過去分詞が必ず伴いますよ。

 

4 過去分詞|受け身

 

人を主語にして感情を表す動詞を使う際、受け身の文にする必要があることを上記で解説しましたね。

以下では一般的な受け身の英文を紹介します。受け身は「be動詞+過去分詞」の形で構成されますよ。

過去分詞は、受け身と現在完了形の時に使う専用動詞だと捉えてもいいでしょう。
(※現在完了形「have+過去分詞」については後述。)

 

受け身|例文

  • The car is made in Tokyo.
    その車は東京で作られている。

 

上記は「is(be動詞)+made(過去分詞)」の語順なので、受け身の英文です。

受け身は「be動詞+過去分詞」で構成され、「現在・過去・未来」の全ての時を表せますよ。

受け身の英文を作るときには、元の英文と比較しながら文構造に対する理解を深める必要があります。

TOEICの長文中では受け身の英文が頻出します。目的語が来なく「SV」で完成していることが多いですよ。

 

5 過去分詞|現在完了形

 

現在完了形の英文を作るときには、必ず過去分詞が伴いますよ。

現在完了形は「have/has+過去分詞」の語順で構成されます。

「have+p.p.」の「p.p.」とは「past(過去)participle(分詞)」のこと。

 

現在完了形|例文

  • I have studied English for five years.
    私は5年間英語をずっと英語を勉強しています。

 

上記英文は「have+studied(過去分詞)」の語順で構成されています。

現在完了形の時制は現在。今この瞬間(現在)を起点として、「5年間の継続」を強調していますよ。

過去分詞は名詞を修飾する役割が大切ですが、「have+過去分詞」の形も刻み込みましょう。

 

現在完了形「have+p.p.」を使えば、原因⇛結果の因果関係を表現できたり、今も過去と同じ状態が継続していることを表現できたりします。

因果関係を表している現在完了形の英文は、答えの根拠にもなりやすいので、TOEICの長文を読む中で出会ったときはフォーカスしましょう。

現在完了形の使い方や文構造、核のイメージを深く学びたい方は、以下記事を参考にしてください。

TOEIC頻出「現在完了形」の文構造と意味を915点の私が徹底解説この記事では、TOEICの長文中でよく見る「現在完了形」について例文を参考にしながら、使い方や文構造、核のイメージを解説していきます。現在完了形を使うことによって、今の状況との因果関係を強調できたり、今も過去と同じ状態が続いていることを表現できたりします。それゆえに、TOEICの長文や日常会話中で頻繁に使われますよ。現在完了形の基本的な使い方に加えて、過去形との違いや、過去完了形と未来完了形、現在完了進行形のパターンを紹介しますね。...

 

TOEICに出る現在分詞と過去分詞|まとめ

 

 

この記事では、TOEICに出る現在分詞と過去分詞の使い方や文構造を徹底解説してきました。

動詞の語尾に「-ing(現在分詞)」「-ed(過去分詞)」を付け足すだけで、分詞が完成。

語形変化した動詞の形はシンプルなので、分詞が使われているときの文構造や役割に注目すべき。

本質的な英語力とTOEICスコアを高めるためには、英語の文構造を正しく理解することが必要ですよ。

「分詞+名詞」「名詞+分詞」の構造であれば、名詞を修飾(具体化)している、と瞬時に捉える能力が大切です。

 

マンツーマンのTOEICコーチングを実施中!

 

 

現在TOEIC330から915点まで高めた私がTOEICコーチングを行っています。

コーチングの中では、今回紹介した現在分詞と過去分詞がTOEICの長文中でどのように使われているかにフォーカスしています。

文構造にフォーカスした勉強法(体験型のトレーニング)を、公式問題集の英文を利用しながら一緒に実践していきます。

短期間でも本質的な英語力とTOEICスコアが高まる内容になっているので、効果的なTOEIC学習に臨みたい方は、以下記事を見てみてください。

  • 今申し込むと、スコア向上に繋がる「類義語ノート」と限定記事(12,000文字)が無料で読めます。初回コーチングのときにプレゼント