TOEIC

TOEIC Part2の対策法&テクニック|スコア915点の私が徹底解説

 

この記事では、TOEIC Part2(応答問題)の対策法とテクニックを徹底解説していきます。

Part2は点数が上がりやすいパートだと言われていますが、最近の傾向として間接的な応答が多いため、一筋縄では行きません。

ディクテーションやシャドーイングによって、本質的なリスニング力を上げることが大切ですが、Part2に特化した対策法やテクニックは存在します。

Part2の解答手順と解法テクニック、効果的な勉強法を徹底解説するので、効果的なPart2対策をしたい方はぜひ参考にしてください。

私のTOEICスコア

toeic-score

 

TOEIC Part2の概要

 

TOEIC

 

TOEIC Part2(応答問題)は、短い会話形式の問題が25問あります。

問題用紙には何も記載されていないので、純粋なリスニング力が問われますよ。

流れてくる1つの英文に対して、3つの応答文があり、最も適している応答を選びます。

「短い自然な会話」だから簡単かも?と思うかもですが、

意外と引っ掛け問題が多かったり、自然な会話ゆえの間接的応答があるので、TOEIC900点を越えていても、何問か間違えることが多いかなと。

特に最近はPart2が難化しており、テクニックだけでは対応できなくなってきています。

本質的なリスニング力や場面をイメージする力がないと、簡単に引っ掛けパターンに陥ってしまうのです。

 

TOEIC Part2の解答手順

 

TOEIC

 

Part2の解答手順を、TOEIC公式サンプル問題 を利用して解説しますね。

Part2サンプル


 

実際に流れてくる英文と、対応する日本語訳は以下のとおり。

流れてくる英文

No.7 Where is the new fax machine?

A. Next to the water fountain. ⇐正解
B. I’ll send a fax tomorrow.
C. By Wednesday.

日本語訳

No.7 新しいファックスはどこにありますか。

A. 水飲み器の隣にあります。⇐正解
B. ファックスを明日送ります。
C. 水曜日までです。

 

Part2は、流れていくる1つの英文に対して、3つの選択肢の中から、最も適してる応答を選びますよ。

設問と選択肢は、問題用紙には書かれていなく、すべて自身で聞き取る必要があります。

サンプル問題では、「Where is the new fax machine?(新しいファックスはどこにありますか?)」に対して、

「Next to the water fountain.(水飲み器の隣にあります)」と「場所」を答えています。

「Where」に対して、シンプルに「場所」を答えているため、「Where」だけ聞き取れれば、正解選択肢「A」を選べますね。

 

最近のPart2では、上記のような直接的な返答だけでなく、

「Where is the new fax machine?(新しいファックスはどこにありますか?)」に対して、

「I don’t know.(私は知りません)」のような「間接的返答」で答えられることが多いですよ。

実際に私が2021年に受けたTOEIC本番でも、具体的な質問に対して、「I don’t know.」で返答している問題がありました。

実際のコミュニケーションにおいて、自然な会話が繰り広げられるので、テクニックだけの対応が難しくなっているのです。

 

TOEIC Part2対策|解法テクニック

 

 

TOEICはコミュニケーション能力を測るためのテストなので、自然な会話の中でキャッチボールする能力が問われます。

とはいえ、Part2対策に活きる効果的な解法テクニックはあるので、いくつか紹介していきますね。

Part2の解法テクニック

  1. 文頭の疑問詞に全集中する
  2. 似ている音を除外する
  3. 前の設問を引きずらない

 

1 先頭の疑問詞に全集中する

 

Part2では、「Wh疑問文」が多く出題されます。

スムーズなコミュニケーションを取るためには、相手に「具体的な質問」をする必要があるので、「Wh疑問文」が多く出るのかと。

例えば、「When」が先頭にある場合は、相手に「具体的なとき」を訪ねています。

Part2の例題

  • When is this questionnaire due?
  • このアンケートの締め切りはいつですか。

上記設問では、先頭に「When」が来ていますね。

全文聞き取れなくても、「When」だけ聞き取れれば、回答できる場合があるのです。

正解選択肢中に、「By July first. (7月1日まで)」のような「具体的なとき」があれば、そのまま答えになる可能性があります。

ただし、変化球として「I don’t know.(私はわかりません)」や、

Let me check the schedule.(スケジュールを確認させてください)」のパターンもあるので、自然な会話になっているかどうかに注目しましょう。

 

2 似ている音を除外する

 

Part2では、純粋なリスニング力が求められるため、「似ている音」で引っ掛けてくるパターンが多いです。

本質的なリスニング力が低い場合は、「似ている音」が正解だと勘違いしてしまうのです。

私自身TOEIC300点台のときは、すぐに「似ている音」に反応してしまい、見事に引っ掛けパターンにはまっていましたよ…

Part2の設問

  • I think Ms. Louis deserves a promotion.
  • 私は、Louisさんが昇進に値すると思います。

Part2の選択肢

  • A:I reserved a table at the restaurant.
  • B:I cannot agree with you more.
  • C:I promoted a new product.

 

上記設問に対しては、Bの「I cannot agree with you more.(まさにおっしゃる通りです)が正解となります。

設問中の「deserves(ディザーブズ)」に似ている音が、選択肢Aの中にある「reserved(リザーブド)」です。

単語単位で「似ている音」に意識が向いてしまうと、選択肢Aを選んでしまう、というパターンに陥りますよ。

似ている音の「reserved」が引っ掛け問題であると認識していれば、選択肢Aを除外するという解法テクニックが使えるので、追い込まれたときは消去法を使うのがアリかと。

 

3 前の設問を引きずらない

 

Part2の応答問題は、全部で25問あります。

途中の設問では、「2択で迷うとき」「もう少し考えればわかるとき」に直面します。

「さっきのわかりそうだったのに…」「Aを選んだけどやっぱりBかな…」と感じる瞬間が往々にしてありますよ。

前の設問を引きずった状態で次の設問に望むと、「本当なら正解できた内容」でもスムーズに聞き取れなくて、間違えてしまうパターンに陥ります。

なので、「5点でもスコアを上げよう」という考えを持ち、気持ちを切り替える必要があるかなと。

私自身、前の設問を引きずった結果、その後3問連続で集中できないパターンに何度も陥りました…

「Why」に対して「Because」で答えるだけ、などシンプルすぎる内容もあるので、切り替えて次の設問に望むことが大切なのです。

 

TOEIC Part2対策|スタディサプリENGLISHを使った効果的な勉強法

 

 

TOEIC Part2を効果的に対策したい方は、スタディサプリENGLISHを利用するのがオススメです。

スタディサプリENGLISHのTOEIC対策コースでは、Part別に実戦問題とディクテーション、シャドーイングに取り組めます。

この記事で紹介した Part2の対策法とテクニックを生かすべきですが、本質的なリスニング力を鍛えるためには、ディクテーションやシャドーイングを行う必要があります。

本質的なリスニング力があれば、Part2の応答問題をスムーズに解くことができ、引っ掛け問題にも引っ掛からなくなりますよ。

私はスタディサプリENGLISHを 1,000時間以上約3年間利用しているので、Part2対策の流れを徹底解説できますよ。

私の総学習時間

スタディサプリENGLISHの総学習時間

 

1 Part2の勉強法|ディクテーションを実践する

 

Part2の間接的応答に対応するためには、本質的な英語力を向上させて、自然な会話をスムーズに聞けるようにするべき。

この記事で紹介した解法テクニックは、実際のTOEICでも通用する内容ですが、やはり本質的な英語力がないと限界が来ます。

ディクテーションを実践することで、細部まで聞き取る能力が向上して、本質的なリスニング向上に繋がりますよ。

ディクテーションとは、お手本の英語音声を聞き取るのと同時に、書き取っていくトレーニングのこと。

スタディサプリENGLISHでは、TOEIC Part2の問題演習を終えたあとに、ディクテーションとシャドーイングに取り組めます。

リスニング力の底上げに繋がるディクテーションの方法を、実際の英文を参考として、徹底的に解説しますね。

 

ディクテーションの方法

TOEIC Part2-ディクテーションTOEIC Part2-ディクテーション

 

「音声再生」をタップすると、

  • Where is the best place to buy a sandwich around here?

が流れてくるため、聞き取るのと同時にタイピングしていきます。

1つひとつの単語を集中して聞かなければ、瞬時にタイピングできないので、100%集中してディクテーションに臨むべき。

聞き取れない箇所が、発話における課題点だとわかるため、自身の弱点を把握するのにディクテーションが効果的です。

ディクテーションの方法と順序、効果を深く知りたい方は、以下記事を参考にしてください。

>> ディクテーションの詳細を見る!

 

2 Part2の勉強法|シャドーイングを実践する

 

ディクテーションを実践したあとには、シャドーイングに取り組みましょう。

シャドーイングとは、英語音声に対して 2~3語遅れて、影(シャドー)のように、英語音声通りに発話(再現)するトレーニングのこと。

正しい方法でシャドーイングを継続すると、本質的なリスニング力が向上して、Part2の間接的応答にスムーズに対応できるようになります。

 

シャドーイングの方法

TOEIC Part2のシャドーイングTOEIC Part2のシャドーイング

 

  • Where is the best place to buy a sandwich around here?

に対して、2~3語遅れて英語音声に付いていきましょう。

英語音声のリズムとイントネーション、リエゾンを意識しながら、完全コピーできるまで何度も実践してください。

最初は字幕ありのシャドーイングでOK。何度も実践して慣れてきたら「字幕なし」に切り替えて、シャドーイングに挑むべきかなと。

 

ディクテーションとシャドーイングを効率的に行いたい方は、スタディサプリENGLISHを利用する価値があります。

スタディサプリENGLISHではTOEIC攻略メソッドとして、ディクテーションとシャドーイングを取り入れています。

ディクテーションとシャドーイングのアプリ機能が優れているので、効率的・効果的なリスニング学習に繋がるのです。

スタディサプリENGLISHは7日間無料で体験できるので、効果的なTOEIC学習に励みたい方はぜひ体験してみてください。

 

シャドーイングの添削を受けて TOEICスコアを高めたい方は「シャドテン」がおすすめ

 

 

あなた自身がシャドーイングの添削を受けて、正しい方法で効果的にTOEICスコアを高めたいならば、プログリットの「シャドテン」が合っています。

正しい方法でシャドーイングを継続的に実践すれば、TOEICに通用する本質的なリスニング力が圧倒的に向上しますよ。

正しい方法でシャドーイングを実践して、リスニング力とTOEICスコアの両方を高めたい場合は、ビジネス英語のプロから添削フィードバックを受けるのがおすすめです。

現在「シャドテン」はキャッシュバックキャンペーンを実施しているので、興味がある方はぜひ挑戦してみてください。

 

コンサルタントと伴走しながらスコアを高めたい方は「TOEIC対策スクール」がおすすめ

 

 

TOEICは独学でも学習を進められますが、1人で勉強していると、正しい勉強法から外れている可能性があります。

本質的なリスニング力を鍛えるディクテーションやシャドーイングを実践する場合において、正しい方法と順序のもと継続的に実践する必要があるのです。

  • シャドーイングを正しい方法と順序で実践したい
  • 3ヶ月短期集中して目標のTOEICスコアを達成したい
  • 正しい勉強法とプランのもとTOEIC学習に励みたい

のように思っている方は、TOEIC対策スクールを検討する価値があるかと。

TOEIC対策に強いコーチングスクールでは、あなた専属のコンサルタントが、現在の英語力を分析してくれて、課題点と課題点に対する最も効果的な勉強法を教えてくれます。

無料カウンセリングでは、第二言語習得理論のもと現状の課題点と課題点解決法を、科学的・論理的に解説されるため、「今1番必要なこと」を正しく理解できますよ。

>> おすすめのTOEIC対策スクールを見る!

 

TOEIC Part2の対策法&テクニック|まとめ

 

 

この記事では、TOEIC Part2(応答問題)の対策法とテクニック、効果的な勉強法を徹底解説してきました。

ディクテーションとシャドーイングを実践することで、本質的なリスニング力が向上します。その結果、Part2の自然なやり取りに対応できる力が得られます。

本質的なリスニング力がある上で、TOEICで使えるテクニックを利用すれば、Part2の正答率が段々と向上していきますよ。

TOEIC学習に近道はありません。ただし正しい方法と順序のもと、効果的な学習に臨むことはできるので、

スタディサプリENGLISHやTOEIC対策スクールの力をかりて、最短であなたの望む結果を得るのが1つの選択肢かなと。

 

マンツーマンのTOEICコーチングを実施中!

 

 

現在はTOEIC330から915点まで高めた私自身がコーチングを行っています。

5,000時間以上TOEIC学習を継続してきた中で「スコアを高める効果的な勉強法」を自分自身に深く落とし込みました。

本質的な英語力向上と一緒にTOEICスコアを効率的に高めたい方は、ぜひ無料でコーチングを受けてみてくださいね。

  • 今申し込むと、スコア向上に繋がる「類義語ノート」と限定記事(12,000文字)が無料で読めます。初回コーチングのときにプレゼント