TOEIC

英語の「5文型」を理解しよう|TOEICに必要な知識を915点の私が解説

 

この記事では、英語の文型(5文型)について徹底解説していきます。

 TOEICの英文 を正しく読んだり聞いたりするためには、文型と品詞の知識が必須です。

英語は文構造に基づいて、意味やイントネーションが決定するので、「5文型」の正しい理解が本質的なTOEIC学習に繋がりますよ。

 TOEIC Part5 でも「文型と品詞」の知識が問われることが多く、英語の根底をなすものなので完全に理解するべき。

私のTOEICスコア

私のTOEICスコア

 

英語の「5文型」とは

 

 

正しい英語の文章は、5つのパターン(5文型)で構成されています。

英語は「SVOC」の組み合わせによって、どんな文章でも5つのパターンに当てはまるのです。

英文を構成するためには、S(主語)、V(動詞)、O(目的語)、C(補語)の4つの要素を、正しい順番で組み合わせることが必要ですよ。

 

英語の「5文型」|TOEICの土台となる

 

 

英語の5文型を理解する前に、S(主語)、V(動詞)、O(目的語)、C(補語)の4つの要素を理解すべき。

なぜなら「SVOC」の組み合わせで完全な文が構成されて、全ての英語は、完全な文(5文型)と修飾語「M」によって成立しているから。

英語の文構造によって、大まかな意味やイントネーションが決定するので、文型を見極める力が大切なのです。

まずは「SVOC」の4つの要素が、どの品詞(名詞、動詞、形容詞)によって成り立っているかを理解する必要がありますよ。

 

  • 「S」⇛「Subject」 主語
  • 「V」⇛「Verb」 動詞
  • 「O」⇛「Objective」 目的語
  • 「C」⇛「Complement」 補語
  • 「S」主語になれる品詞 ⇛ 名詞(None)
  • 「V」動詞になれる品詞 ⇛ 動詞(Verb)
  • 「O」目的語になれる品詞 ⇛ 名詞(None)
  • 「C」補語になれる品詞 ⇛ 名詞(None)、形容詞(Adjective)

英文を作るための要素「SVOC」が、どの品詞と対応しているのかを覚えましょう。

 

英語の「5文型」|TOEICに必要な知識

 

 

正しい英語は、5つのパターン(5文型)で構成されています。

文型が分からなければ正しい日本語訳ができないため、必ず覚えるべき英語の基礎知識です。

各文型にはそれぞれ特徴があるので、学習初期の段階で暗記するのがオススメ。

5文型や品詞、修飾などの「専門用語」を最初に暗記していれば、効率的なTOEIC学習に取り組めるので思い切って暗記しましょう。

  • 第1文型  SV 「Sは存在する、〜の状態にある」 
  • 第2文型  SVC 「S=Cである」
  • 第3文型  SVO 「SがOを(Oに)Vする」
  • 第4文型  SVOO 「SはOにOを与える」
  • 第5文型  SVOC 「SはOがCするのを~する」 

 

1 英語の文型|第1文型【SV】

 

第1文型は、S(主語)と V(動詞)だけで英文が完成します。

「SはVの状態にある」という意味で用いられることが多く見られますよ。

「存在」「移動」「自己表現」などを表現することができ、「SV+M(修飾語)」の型が頻出です。

 

第1文型|例文

  • I live( in Tokyo.)
    S V    (M)

上記英文では「SV」で英文が完成しており、動詞の後には修飾語「M」が続いて「具体的情報」を追加しています。

第1文型で使われる動詞は、「自動詞」と呼ばれ、動詞の後に目的語をとりません。

自動詞かどうかは、目的語の有無で判断します。動詞の直後に注目してみましょう。

 

2 英語の文型|第2文型【SVC】

 

第2文型は、「S(主語)+ V(動詞)+ C(補語)」で構成されます。

「S=C」の関係性が成立して、SがCの状態になっていることがわかります。

第2文型で使われる動詞は限定されており、「be動詞」や「知覚動詞」が代表的ですよ。

「be動詞」が使われて、「be動詞+名詞」「be動詞+形容詞」の形であれば、SVCの第2文型であると判断できます。

SVCでイコール関係の英文は、トピックセンテンスであることも予想でき、「A=B」のような「絶対的な事実」を表現できますよ。

 

第2文型|be動詞+名詞

  • I am a teacher.
    S V        C
  • 私は先生です。(私=先生)

第2文型|be動詞+形容詞

  • She is beautiful.
    S     V     C
  • 彼女は美しいです。(彼女=美しい)

「be動詞+名詞」「be動詞+形容詞」のどちらのパターンでも、「S=C」の関係性が成立するのです。

 

さらには、「知覚動詞+形容詞」のパターンも覚えておきましょう。

第2文型|知覚動詞+形容詞

  • She looks happy.
    S       V       C
  • 彼女は幸せそうに見えます。(彼女=幸せ)

 

上記英文のような「動詞+形容詞」のパターンが存在するので、特別なパターンとして覚えておきましょう。

数はそんなに多くはないため、出会った瞬間にインプットすればいいと思います。

「SVC」でよく使う動詞

  •  look(〜のように見える)
  •  seem(〜のように思われる)
  •  sound(〜のように聞こえる)
  •  appear(〜のように見える)
  •  get(〜になる)
  •  make(〜になる)
  •  become(〜になる)
  •  feel(〜の感じがする)

 

3 英語の文型|第3文型【SVO】

 

第3文型は、「S(主語)+ V(動詞)+ O(目的語)」で構成されます。

「SがOを(Oに)Vする」という日本語訳になりますよ。

「SVO」では、V(動詞)の直後に O(目的語)が必ず来ます。

 

第3文型|例文

  • I study English.
    S   V      O
  • 私は英語を勉強します。

study(他動詞)の後には、English(目的語)が伴いますよ。

第1文型では「自動詞」が使われていましたが、第3文型では「他動詞」が使われます。

動詞を見るだけでは自動詞か他動詞の判断はできないため、「目的語の有無」で判断すべきです。

他動詞を見極めるコツとしては、study(勉強する)を見た瞬間に「何を?」と考えてみるのがオススメ。

その動詞の表す動作が、何か対象に向かうイメージです。

動詞の多くは「他動詞」であり数え切れないほど存在するので、1つひとつ覚えていきましょう。

 

4 英語の文型|第4文型【SVOO】

 

第4文型は、「S(主語)+ V(動詞)+ O(目的語)+ O(目的語)」で構成されます。

動詞の後に、目的語が2つあるのが特徴となっており、1つ目の目的語を「O1」、2つ目の目的語を「O2」と表すことがあります。

大まかな日本語訳としては、「SはO1(人)にO2(モノ)を与える」。

「SVOO」の1番の特徴は、「V」に「与える系」の動詞が用いられるということ。

全体のイメージとして「与える」という意味になるので、第4文型で使われている動詞はかなり捉えやすいですよ。

 

第4文型|例文

  • I teach her English.
    S    V     O     O
  • 私は彼女に英語を教える。

上記英文で「SVOO」の本質を考えてみましょう。

「英語を教える」⇛「英語の知識を与える」というイメージで捉えるべき。

英語は文構造によって大まかな意味が決定するので、このような本質的な考え方が学習効率を最大に高めますよ。

ある程度は頻出の動詞が存在するため下記で紹介しますね。

「SVOO」の形をとる動詞

  •  teach「人に〜を教える」
  •  show「人に〜を見せる」
  •  offer「人に〜提供する」
  •  give「人に〜を与える」
  •  send「人に〜を送る」
  •  tell「人に〜を伝える」
  •  lend「人に〜を貸す」
  •  buy「人に〜を買う」

 

5 英語の文型|第5文型【SVOC】

 

第5文型は、「S(主語)+ V(動詞)+ O(目的語)+ C(補語)」で構成されます。

大まかな日本語訳としては「SはOがCするのを~する」となり、「O=C」の関係性が成立しますよ。

イコール関係が成立する「OC」の箇所が、「SV」の主述関係になると理解してもいいでしょう。

 

第5文型|例文

  • She makes me happy.
    S        V       O     C
  • 彼女が私を幸せにさせる。

上記英文のように、「私=幸せ」「O=C」の関係性が成立していることが、第5文型の特徴です。

「私が 幸せ」という「SV」の主述関係が成り立っていると考えてもOK。

「SVOC」の中で特に目立つパターンとしては、「使役の英文」ですよ。

日常会話やTOEICでは、使役動詞の「make」「have」「let」が使われたり、「SVO to do」の型が使われたりすることが多いです。

「SVO to do」の型であれば、「〜させる」「〜してもらう」のような「要求」「お願い」の意味を持つ英文になります。

英文の構造によって大まかな日本語訳が決定するので、文型の理解が英語学習において最も大切です。

 

「5文型」はTOEICの土台となる|まとめ

 

 

この記事では、TOEICの土台となる「5文型」について徹底解説してきました。

各文型における特徴を理解した上で、正しいTOEIC学習を進めることによって、自身の英語の基盤を作れますよ。

英語は単語を並べる順番が最も大切であり、文構造によって意味やイントネーションが決定するので、基礎知識として5文型を定着させる必要があるのです。

 

1ヶ月無料でTOEICコーチングを実施中

 

 

現在スコア330から915点まで高めた私自身が、1ヶ月無料でTOEICコーチングを行っています。

コーチングでは TOEIC Part7 の長文を1センテンスごとに分けて、SVOCの振分けとチャンクリーディングを実践します。

TOEICの英文中で「5文型がどのように使い分けられるか」を理解すれば、英文をスムーズに読めるようになり、スコア向上に繋がります。

今は1ヶ月間〈合計4回〉のマンツーマンコーチングと毎日の精読&音読添削を無料で実施しています。

「英文をスムーズに読めるようになりたい」「TOEICスコアを短期間で上げたい」方は、ぜひ無料でコーチングを受けてください。

» 1ヶ月無料 TOEICコーチング詳細を見る