スクール

ストレイルとプログリットをTOEIC915点の私が徹底比較

 

この記事では、英語コーチングスクールのストレイルとプログリットを徹底比較していきます。

現在あなたは

  • ストレイルとプログリットが気になっている…週1のコンサルティングを受けて英語力を高めたいけれど、どちらが自分に合っているんだろ

という疑問を持っているかと。

TOEICスコア330から915点まで高めた私が、実際にストレイルとプログリットを体験したので、上記の疑問が解決できます。

両校とも第二言語習得研究に基づいたカリキュラムが組まれますが、実際のコンサルティングには違いがあるので、1つひとつ噛み砕いて説明しますね。

私のTOEICスコア

私のTOEICスコア

 

ストレイルとプログリットの違い

 

 

ストレイルとプログリットのサービス特徴を比較していきますね。

第二言語習得研究のもと個人に最適化したカリキュラムが組まれるのは一緒ですが、サービス特徴には違いがあるので、深堀りして見ていきます。

私は実際に両校とも体験して感じたことを記事にまとめているので、体験授業がどのように進んでいくか気になる方は以下記事を見てください。

 

1 ストレイルの特徴

 

ストレイルのTOEIC対策

 

ストレイルは、ベネッセグループの株式会社スタディーハッカーが運営している英語学習のコンサルティングサービスです。

イングリッシュカンパニーとは姉妹ブランドであり、第二言語習得研究に基づくコンサルティングによって、あなたの課題と課題解決法を提示してくれます。

第二言語習得研究とその周辺領域に精通している専任のコンサルタントから、あなたの課題を解決するために最も必要なトレーニングが提示されるので、

ビジネスにも通用する本質的な英語力やTOEICスコア、VERSANTスコアが圧倒的に高まっていきますよ。

ストレイルには、ビジネス英語コースとTOEIC®L&R TESTコース、初級者コースの3コースが用意されています。

 

2 プログリットの特徴

 

プログリット

 

プログリットは、短期集中でビジネスにも通用する英語力を高めていける英語コーチングスクールです。

外資系企業マッキンゼー出身の岡田祥吾氏が、日本1の英語コンサルティングサービスを作るために設立しました。

英語プログラムの中には、ビジネス英会話コースとTOEIC® L&R TESTコースが設けられており、現在の英語力や目標のTOEICスコアに応じた独自のカリキュラムが作られます。

あなた専属のコンサルタントが、毎週行われるコンサルティングの中で、現状の英語力における課題点と課題点を解決するために必要な勉強法を提示してくれます。

経営コンサルティングのような形で、コンサルタントが受講生の英語力を分析してから、課題に応じたトレーニングを提案してくれる流れです。

 

ストレイルとプログリット|コースを比較

 

 

ストレイルとプログリットのコースを比較していきますね。

どちらも目的別、レベル別に受講コースが用意されていますよ。

ビジネス英語コースに加えて、TOEIC対策コースや初級者コースがあるのが魅力的かと。

ストレイル ビジネス英語コース
TOEIC®L&R TESTコース
初級者コース
プログリット ビジネス英会話コース
TOEIC® L&R TESTコース
TOEFL iBT® TEST/IELTSコース
初級者コース

 

1 ストレイルのコース内容

 

ストレイル-コース内容

 

ストレイルでは目的とレベルに合わせて、3つのコースが用意されています。

ビジネス英語コースとTOEIC®L&R TESTコース、初級者コースの3コースです。

ストレイルのコース

  1. ビジネス英語コース
  2. TOEIC®L&R TESTコース
  3. 初級者コース

あなたの学習目的やレベルに応じて、3つのコースから選択できるので、無料説明会に参加したときにアセスメントを受けましょう。

 

2 プログリットのコース内容

 

プログリットのコースプログリットのコース

 

プログリットには

  1. ビジネス英会話コース
  2. TOEIC® L&R TESTコース
  3. TOEFL iBT® TEST/IELTSコース
  4. 初級者コース

の4コースが用意されています。

コースは目的別に分かれており、特にビジネス英会話コースが人気です。

TOEICのスコアアップを目指している方は、TOEIC® L&R TESTコースを受講するのがオススメですよ。

ストレイルでも TOEIC®L&R TESTコースがありますが、

TOEFLやIELTS対策をできるのはプログリットなので、より幅広い試験に挑戦したい方はプログリットが合っているかと。

 

ストレイルとプログリット|カリキュラムを比較

 

 

ストレイルとプログリットのカリキュラムを比較していきますね。

ストレイル 第二言語習得研究に基づいて個人に最適化するカリキュラム
1日1~1.5時間の自学学習に取り組む必要がある
週1回のコンサルティング(1回60分)を3ヶ月受講
プログリット 英語力や目標スコアに合わせた個別のカリキュラム
毎日3時間の自学学習に取り組む必要がある
週に1回のコンサルティング(1回60分)を3ヶ月受講

 

1 ストレイルのカリキュラム

 

ストレイル

 

ストレイルのコンサルティングでは、あなた専任のコンサルタントから、現状の課題と課題に対する効果的なトレーニングを提示してもらえます。

第二言語習得研究とその周辺の知識を最大に落とし込んでいるコンサルタントが、

あなたの課題を明確にした上で、効果的なトレーニングを教えてくれるので、回り道せず全く無駄のない英語学習に励めるのです。

私自身がストレイルのコンサルティングを体験した際は、コンサルタントの方が私の課題と課題解決に必要なトレーニングを明確に教えてくれました。

「課題発見の精度」がとてつもなく高かったので、自分が最優先で取り組むべき勉強法をスムーズに理解できましたよ。

課題発見の精度の高さがストレイル最大の強みであり、1日の学習時間が1~1.5時間で効率的に進められる理由だと感じます。

 

2 プログリットのカリキュラム

 

progrit-専用カリキュラム3

 

プログリットには、ビジネス英会話コースとTOEIC® L&R TESTコース、TOEFL iBT® TEST/IELTSコースがあり、

あなたの英語力や目標の英語レベル、目標スコアに応じて個人に最適化したカリキュラムが作られます。

週に1回行われるコンサルティング(1回60分)の中で、専属コンサルタントがあなたの課題点と課題点を解決するためにすべき勉強法を提示してくれます。

あなたの課題点が明確になった上で、課題点に応じた勉強法に毎日取り組める(毎日3時間)のがプログリットの魅力かと。

コンサルティングは毎週行われ、コンサルタントが「課題点が効果的に解決しているか」「正しい勉強法から外れていないか」などを常に確認してくれます。

常に軌道修正しながらカリキュラムを調整できるのが、プログリットの強みでもあり、プログリットのコンサルタントの強みです。

 

ストレイルのコンサルティングも週に1回60分ですが、毎日の自学学習の時間は1日1~1.5時間程度です。

ストレイルのコンサルタントは第二言語習得研究の知識を自身に深く落とし込んでおり、課題発見の精度が非常に高いので、毎日の学習時間が短くなるのかと。

学習生産性の面から考えると、プログリットよりストレイルのほうが優位だと思います。

 

ストレイルとプログリット|受講料金を比較

 

 

ストレイルとプログリットの受講料金(3ヶ月間)を比較していきますね。

ストレイルは、ビジネス英語コースとTOEIC®L&R TESTコース、初級者コース、

プログリットは、ビジネス英会話コースとTOEIC® L&R TESTコースの受講料金を参考にします。

ストレイル ストレイルのビジネス英語コースとTOEIC®L&R TESTコース、初級者コース
週に1回のコンサルティングを3ヶ月受講で297,000円(税込)
入会金は55,000円(税込)
お支払いは分割可能、分割払い(6回/10回/12回)から選択可
プログリット プログリットのビジネス英会話コースとTOEIC® L&R TESTコース
週に1回のコンサルティングを3ヶ月受講で544,500円(税込)
入会金は55,000円(税込)
毎月の分割払いで18,700円から支払うことが可能

 

1 ストレイルの受講料金

 

ストレイルの料金

 

ストレイルのビジネス英語コースとTOEIC®L&R TESTコース、初級者コースは、3ヶ月プランで297,000円(税込)です。※入会金は55,000円(税込)

お支払いは分割でも可能で、分割払い(6回/10回/12回)から選択できますよ。

3ヶ月継続して目標のTOEICスコアを達成できなかった場合は、1ヶ月あたり99,000円(税込)で継続受講ができます。

 

プログリットのビジネス英会話コースとTOEIC® L&R TESTコースは、3ヶ月間受講して544,500円(税込)なので、ストレイルの方が圧倒的にリーズナブルです。

リーズナブルな受講価格で、第二言語習得研究のもと本質的な英語力を高めたい方は、ストレイルが合っているでしょう。

 

ちなみに、ストレイルと姉妹ブランドのイングリッシュカンパニーでは、パーソナルトレーニングコースを3ヶ月受講して561,000円(税込)かかります。

ストレイルと同様に第二言語習得研究に基づくカリキュラムが組まれるのは一緒ですが、

イングリッシュカンパニーでは週2回のパーソナルトレーニングが行われるので、

より実践的なトレーニングを取り入れたい方は、イングリッシュカンパニーを検討してみるのが良いかと。

 

2 プログリットの受講料金

 

プログリットの受講料金

 

プログリットのビジネス英会話コースとTOEIC® L&R TESTコースは、3ヶ月間受講して544,500円(税込)です。

ストレイルのビジネス英語コースとTOEIC®L&R TESTコース、初級者コースは、3ヶ月受講で297,000円(税込)なのでプログリットの方が高いです。

プログリットの受講料金に関しては、岡田社長がコンサルタントの研修に注力しており、

日々コンサルティングの質を高めているから、サービスの質と比例して価格が高くなる、と述べていました。

第二言語習得理論に基づいた個人に最適化したカリキュラムで、最大の価値提供をしてくれることを考えると、費用対効果は高いかと。

3ヶ月プランを毎月の分割で支払う場合には、月々18,700円から可能です。

プログリットの公式サイトでは、分割払いの料金シュミレーションを行えるので、ぜひ詳細を確認してみてください。

 

ストレイルとプログリット|保証内容を比較

 

 

ストレイルとプログリットの保証内容を比較していきますね。

あなたが安心して受講するためには、「返金保証」や「TOEICスコアアップ保証」が付いているのが重要です。

ストレイル ビジネス英語コースとTOEIC®L&R TESTコース、初級者コース
30日間返金保証制度付き
プログリット ビジネス英会話コースとTOEIC® L&R TESTコース
30日間全額返金保証付き

 

1 ストレイルの保証内容

 

ストレイル保証

 

ストレイルのビジネス英語コースとTOEIC®L&R TESTコース、初級者コースには、30日間返金保証制度が用意されています。

受講開始日から30日以内は、返金保証(初回納入受講料のみ、入会金・教材費・発送事務手数料・分割事務手数料・VERSANT受験料除く)が適用可能です。

ただし30日間返金保証制度を利用した場合は、再度入会が出来なくなるので注意してください。

ストレイルのTOEIC®L&R TESTコースには、TOEICのスコアアップ保証は用意されていません。

 

2 プログリットの保証内容

 

progrit-保証

 

プログリットのビジネス英会話コースとTOEIC® L&R TESTコースには、30日間全額返金保証が用意されています。

プログリットを受講開始後30日間で、コンサルティングの内容に満足できなかった場合は、受講料を全額返金してもらえますよ。

プログリットではコンサルタントの教育に力を入れており、サービスの品質に自信があるから全額返金保証を用意できるのだと思います。

ストレイルと同様にプログリットのTOEIC® L&R TESTコースには、TOEICのスコアアップ保証は用意されていません。

 

ストレイルとプログリット|評判&口コミを比較

 

 

ストレイルとプログリットの評判&口コミを徹底比較していきます。

twitter上に受講生や卒業生のリアルな声が記載されているので、実際の正しい評価が知れますよ。

ストレイル 短期間で大幅にTOEICスコアを高めている方が多い
英語学習の習慣化やコンサルティングによる学習効率化が出来て
その後も自走できるレベルまで上がっている
プログリット ビジネス英会話コースを3ヶ月受講して
VERSANTスコアを伸ばしている方が多い
本質的な英語力と一緒にVERSANTスコアを高められる

 

1 ストレイルの評判&口コミ

 

 

 

twitter上では

  • 色々と科学的な継続方法を提案してもらえる
  • 細かく指導いただき改善ポイントがクリアになった
  • TOEIC模試は最初860から最後955にアップ
  • TOEIC IPでは105点伸びててモチベUP
  • TOEICは約400から約600点レベルに

など、ストレイルを受講してTOEICスコアを大幅に向上させた方が多く見られました。

さらには、「英語学習の習慣化」や「コンサルティングによる学習効率化」に感謝している方が多かったですよ。

twitter上ではストレイルを高く評価している方が目立っており、実際に英語力とTOEICスコアの両方を高めていたので、カリキュラムの妥当性が非常に高いかと。

現在ストレイルでは、本質的な英語力とTOEICスコアを高めたい方に向けて、コンサルティングの無料体験を実施しています。

ストレイルのコンサルティングを実際に体験したい方は、ぜひ一度体験授業を受けてみてください。

 

2 プログリットの評判&口コミ

 

 

 

twitter上では

  • Versantスコアが10点伸びたので努力が報われてよかった…! 今がピークにならないように引き続き頑張る
  • 3ヶ月でVERSANT14点アップと、毎朝4:30から勉強する習慣が身についたかのが何よりの成果でした
  • 前回の受験が2017年1月でスコアは695(L400,R295)だったので、約100点伸びた
    プログリットで3時間の勉強を毎日できてる効果だな

など、プログリットを3ヶ月受講して、

本質的な英語力やVERSANTスコア、TOEICスコアを高めた方の声が目立ちました。

プログリットの卒業生は、英語力や資格試験の点数を高めているだけではなく、伴走してくれたコンサルタントに感謝している方が多いです。

コンサルタントが家族のように寄り添ってくれ、徹底的に学習サポートしてくれるのが、受講生のモチベーション維持に繋がるのかと。

 

ストレイルとプログリットで迷っている方

 

 

この記事を読んでもストレイルとプログリットのどちらが自分に合っているかわからない場合、まずは最初にストレイルの無料説明会に参加するのが良いかと。

ストレイルのコンサルタントは、第二言語習得研究の知識を自身に深く落とし込んでおり、

「課題発見の精度」が非常に高いので、あなたの課題と課題解決に必要な勉強法がわかります。

私自身がこれまで6校以上の体験授業を受けてきた中で、ストレイルのコンサルタントの方が最も「課題発見の精度」が高くて正確でした。

ストレイルの無料体験授業に参加すれば、あなたの課題と課題解決に必要な勉強法、今後の学習方針がわかるので、

それらの知識を軸としてからプログリットの無料カウンセリングに参加すると、あなたに合っているスクールを判断できると思います。

 

ストレイルとプログリットを徹底比較|まとめ

 

 

この記事では、英語コーチングスクールのストレイルとプログリットを、様々な視点から徹底比較してきました。

TOEICスコア330から915点まで高めた私が、実際にストレイルとプログリットの体験授業を受けた上で、

twitterの声と合わせて徹底比較したので、現在検討している方の参考になったかと。

コンサルティングの品質と内容を考えると、どちらも価値が高い英語コーチングスクールだと感じます。

ただしあなたに合っているかどうかは実際に体験してみないとわからないので、迷いすぎて行動できない方は、思い切って無料体験に参加してみましょう。